取引のためのビットコイン口座 - ビットコインの口座を開設したい

HOME » 口座開設 » 取引のためのビットコイン口座

取引のためのビットコイン口座

ビットコインは通貨のように使えることもあるのですが、投資する資産としての一面もあります。
これを取引するためにも同じように口座が必要なのですが、個人的に取引をするだけなら、口座は個人でも作れます。
これはどこかの業者に口座開設を個人的に依頼するという意味ではありません。
個人でビットコインを管理するアプリを使用すれば、それが口座となり、以降はビットコインの取引をそこでやれます。

少し変わった方法のように見えるかもしれませんが、仮想通貨の一つとなるビットコインにとっては、このように個人が自由に参加し、取引できるのが本来の姿です。
現在ではこれを仲介・サポートする大手業者もたくさんいるため、そちらで口座を作る方もかなり多いですが、個人で取引をやっていきたいなら、アプリをインストールするという方法でも口座は作れます。

このアプリはどこで手に入るのでしょうか?
これは公式のものが公開されていますから、多くの情報サイトからダウンロード可能です。
また、モバイル用のアプリなど、各端末のアプリストアで手に入ることも多いですね。
これらをそれぞれ入手し、インストールすれば、それでもう口座開設は完了です。

個人間の取引なら、この口座でいいのですが、現在では大手のビットコイン業者のサービスで口座を開設する方も増えています。
そのわけは、口座の用意自体は簡単でも、肝心のビットコインの取引相手を探すのが大変だからです。
この仮想通貨は比較的メジャーな方ですが、それでも利用者がすぐ見つかるほど普及しているわけではありません。
また、ビットコインの利用者だからといって、希望する取引ができるとは限りませんよね。
そもそも相手が取引を希望していなかったり、取引は希望していても条件面で折り合わなかったりします。
個人がビットコインを入手し、取引するには、大手業者の販売所や取引所を使うのが近道です。

そしてこれら業者のサービスを使うには、各業者専用の口座を作らないといけません。
この口座を作るときは、その業者まで利用申請をします。
個人でソフトやアプリをインストールするといった流れにはなりません。
業者のサービス内容や利用規約、申請の流れなどをよく確認し、それに沿って開設し、利用していくものになります。
この口座ができれば、あとはその業者のサービスを使って簡単にビットコインの取引ができます。

どちらの口座にするかは、取引相手に心当たりがあるかで決めるといいでしょう。
心当たりがあるなら自分で専用アプリをインストールしてもいいですが、まったく心当たりがない場合、大手業者で口座を作った方が、その後の取引がスムーズです。