ビットコイン口座の作り方 - ビットコインの口座を開設したい

HOME » 口座開設 » ビットコイン口座の作り方

ビットコイン口座の作り方

ビットコインを始めるためにも口座が必要になりますが、その作り方はどのようになるのでしょうか?
まずはビットコインの販売所や取引所を探します。
この仮想通貨を一から始めるには、このどちらかで口座を作り、会社から仮想通貨を買ったり、取引所で取引を成立させたりして、元手のビットコインを手に入れるのが基本です。
そのためにもまずは取引所や販売所を探しましょう。

これらは実店舗としてどこかに窓口があるわけではありません。
あくまで仮想通貨の販売や取引をやっている場所ですから、これらもすべて仮想の場所、つまりはインターネット上にあるサイトになります。
スマホやPCで検索すると、大手の販売所や取引所を簡単に見つけられますから、そちらで口座を作るといいでしょう。
なお、販売所や取引所の両方の機能を持っているサイトもあります。
どちらで口座を作ればいいか、迷ったら両方の機能を持っているサイトを選ぶのもおすすめです。
ビットコインを会社から購入するか、それとも取引で手に入れるか、口座を作った後でゆっくりと決められます。

このようにビットコインの口座の作り方は、まずは販売所や取引所を探すことが大事です。
そのあとの作り方は各サイトによっても微妙に違いますが、基本的な流れをご紹介しておきましょう。
結論から言うと、普通の銀行口座の開設と同じように、自分の氏名や住所などの個人情報を申告し、それが認められれば口座開設が完了です。
身分証明書が必要な場合もあります。

身分証明書が必要ということは、これを提示する必要があるということですよね。
インターネット上でどうやってこれを提示するのかというと、画像化してアップロードという流れが基本です。
必ず郵送でその身分証明書をどこかへ送るといった手間はかかりません。
このような手続きになりますから、作り方としては非常に簡単です。
個人情報の入力や、本人確認書類のアップロードをした場合、在宅のままビットコインの口座開設ができる場合も多いです。

このような作り方以外で、ビットコインの口座開設はできるでしょうか?
これは限定的な機能となる簡易口座の開設なら可能です。
ビットコインの口座には2種類あることが多く、簡易版と上位版とがあります。
簡易版の場合、メールアドレスや電話番号だけで開設できることも多く、本人情報を申告する必要がありません。
匿名性を重視する方には魅力的でしょうが、こちらの口座ではビットコインの取引も限られることが多いため、個人情報の申告が必要な口座開設の方がよくおすすめされます。
基本的な作り方としては、こちらを覚えておくといいでしょう。