ビットコイン口座での本人確認とは - ビットコインの口座を開設したい

HOME » 口座開設 » ビットコイン口座での本人確認とは

ビットコイン口座での本人確認とは

ビットコインのために口座を開設するためにも、本人確認が必要になります。
この方法等についてご紹介しましょう。
これが必要になるのは、口座を新規に開設している手続きの最中です。
手続きの一環で本人確認が必要になるため、これに対応しないと口座を開設できないのです。

方法は、身分証明書の提示になります。
所定の証明書を提示しないといけないのですが、それほど難しいことではありません。
ここで使える身分証明書とは、たとえば普通運転免許証など、日常的によく使うものだからです。
市役所などに住民票や印鑑証明書などをもらいにいく必要はありません。
他にも使えるものにマイナンバーカードや健康保険証、パスポートなどがあります。
これらのいずれかは持っている方が大半ですよね。
これらが身分証明書として比較的使いやすいため、特に理由がなければこれらの提示を第一に考えるといいでしょう。

このほかに使えるものとして、住民票や在留カード、特別永住者証明書などがあります。
先のものに比べると少し特殊な身分証明書になりますが、こちらの方が用意しやすい方は、こちらを選ぶのももちろんOKです。
本人確認のため、これら身分証明書がどれか一つは必要になりますから、用意しておきましょう。

注意事項として、これら身分証明書の有効期限や、記載住所を確認してください。
先にご紹介した身分証明書は、基本的に有効期限がありますよね。
ビットコインの口座開設のため、その身分証を提示した日の時点で、身分証の有効期限が切れていた場合、それは本人確認のためには使えない証明書となります。
この場合は本人確認ができないため、ビットコインのための口座開設もできないことになります。
本人確認の前に、その証明書の有効期限はよく確認してください。

また、その証明書に記載されている住所も、一度確認することをおすすめします。
特に運転免許証など、住所変更を忘れていることも多いですよね。
口座開設のために入力した住所と、提示した身分証に記載されている住所が一致しない場合、やはり本人確認ができないとして、口座開設が難しくなります。

指定された身分証明書を用意でき、その有効期限も記載住所にも問題なければ、それで本人確認も完了となります。
このようにビットコインの口座開設のためには、本人確認が必要になりますから、忘れないように注意してください。
なお、これら身分証明書の提示は、オンライン上で可能です。
提示したい証明書をスマホ等で撮影し、その画像データをアップロードすれば完了ですから、本人確認の方法も簡単です。